スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪徳2実装記念:俺(ogre)物語!~暴怒編~

皆さんこんばんは。
管理人たまさぶろです。

驚いたことに、台湾鯖でプレイされているかたから
メールフォームでコメントを頂くことができました。
「台湾鯖ガチ勢」さま、ありがとうございます。

そのうち記事のかたちでご返答もさせて頂きたい
と存じますが、ご存じのとおり攻略考察とネタを交互に繰り返す
のが当ブログの芸風でございまして、よりによってこんな記事で
ご返答とさせて頂いております全く他意はございませんあしからず(冷汗)

なおそんな今日この頃、
ウルモフさんがデッキ組んで暴怒の可能性を考察されていたり
Miriaさんがオーガデッキで鼻息荒くハッスルされていたり
skcさんが世界BOSSサリアのこと真剣に愛しててドン引きだったり
世の中こんなにも攻略考察に満ちているのにウチときたら(以上ご紹介)

それでは参りましょう、
レッツビギンで出来心!
(↑すでにして反省モード



考察ティニー『俺物語!』


※↑でも自作したコレを結構気に入ってたりする(真性バカ




※ヴィベルセルク『春』



──それは、私がベルとルビーと出会ってから、
  ちょうど1年が経った春のことでした。

  去年と同じように桜が咲き乱れ、
  あの日と同じように桜が舞い散る、
  キャスタリ学園正門前の、並木道でのこと。


きぃ~んこぉ~んかぁ~んこぉ~ん……
 チュンチュン……チチチ……ホーホケキョ


万物の長ティニー
はあ~あ。春休みって本ッッ当に短いわよねえ。
 なんか全然遊び足りないって感じ」

ベルセルク
「そうだな」

鉄拳のルビーアイ
「なに言ってやがる。
 オレ達を散々振り回したくせに、よく言うぜ

万物の長ティニー
「なに言ってやがる、はこっちの台詞よ!
 こんな可愛いコと一緒に過ごせるってのに
 あなたたちときたらほんっと甲斐性がないんだから。
 買い物とかもっと付き合いなさいよね!」

ベルセルク
「そうだな」

鉄拳のルビーアイ
「そうだな、じゃねえだろ。
 こいつの買い物なんかに付き合ってたら、
 幾つ財布とHPがあっても足りやしねえぞ」

万物の長ティニー
「大体ねえベル、そうだな、そうだなって、
 私の言うことちゃんと聞いてるの?
 こんな可愛いコが隣を歩いてあげてるんですからね、
 もっと気の利いたセリフを返しなさいよ!」

ベルセルク
「ティニー」

万物の長ティニー
「な、なによ」

ベルセルク
「長さなど関係ない。素晴らしい春だった。
 ──お前が、傍にいてくれたからな」

万物の長ティニー
ちょ/// なっ、急になに言い出すのよ!
 照れちゃうじゃない……ばか」

鉄拳のルビーアイ
「かあーっやめてくれやめてくれ、幾ら春とはいえ、
 聞いてるこっちが馬鹿馬鹿しくなってくらあ」

ベルセルク
「そうだな。予鈴も鳴った。少し急ごう」

万物の長ティニー
「んもう……このばか巨人たち!」

──私達が知り合って、初めて巡ってきた、春。
  今年も3人、同じクラスになれるかなあ。
  私はそんなことを考えて、隣の彼を見上げます。
  ……ふと、彼は足を止めました。


ベルセルク
「下がっていろティニー。……いや、
 絶対にオレ達のそばから離れるな」


万物の長ティニー
「え? どうしたのベル、何か──」

__水晶の狂オーガ

水晶の狂オーガ
「おう、久しぶりだなベルセルク。
 少年院(ネンショー)は相変わらず退屈だったぜ」

ベルセルク
「そうか。大変だったな。
 すまんが遅刻しそうなのでそこを通してくれ」

__水晶のオーガ
__水晶のオーガ
__水晶のオーガ


水晶のオーガA
「ベルセルクてめえ!
 おつとめ上がりの狂オーガさんに挨拶も無しかよ!」

水晶のオーガB
「粋がってンじゃねえぞコラぁ!」

鉄拳のルビーアイ
「かあー、うるっせえぞお前達。
 朝っぱらからつまらねえ因縁つけてンじゃねえよ」

水晶のオーガC
「ちっ。ルビーアイのやつも一緒かよ……面倒臭え」

水晶の狂オーガ
「おいルビーアイ、てめえもてめえだ。
 あんときの礼はきっちり返すからな」

鉄拳のルビーアイ
「うるせえっつってんだよ。
 弱っちい奴らが群れやがって見っともねえ。
 ──おいベル、こんなつまらねえ奴ら放っておいて、行こうぜ」

ベルセルク
「そうだな。そこをどいてく──」

水晶の狂オーガ
「おおっとぉ、話はまだ終わっちゃいねえぞ。
 ──通行料だ。その可愛い姉ちゃんを置いてきな」

万物の長ティニー
「なッ! なに言ってンのよあんた!」

ベルセルク
「狂オーガ。口の利き方に気を付けろ。
 少年院上がりで即病院に行きたいのか」


万物の長ティニー
「ちょっとベル、あんたもあんたよ!
 始業式早々に喧嘩とかまずいってば! 落ち着きなさいよ!」

水晶の狂オーガ
「なんだ、よく見りゃ本当に可愛い姉ちゃんじゃねえか。
 オレを前にしてもブルってねえ、威勢もいいし気風もいい。
 見れば見るほどオレ好み──」


どごぉぉぉぉッ


水晶のオーガA
「狂オーガさん!
 てめえベルセルク、不意打ちとは汚えぞ!」

ベルセルク
「いいかお前ら。ティニーに指一本でも触れてみろ。
 お前達がどれだけ重かろうと、
 あの『最果て』まで吹き飛ばしてやる」

鉄拳のルビーアイ
「と、いうこった。
 ──ベルをキレさせたくなかったら、よく覚えときな」

ベルセルク
「行くぞティニー、ルビー」

万物の長ティニー
「う、うん」

鉄拳のルビーアイ
「あばよ、狂オーガ。
 文句があるならいつでも遊んでやるぜ」


・・・・・・


水晶のオーガB
「いいんですか狂オーガさん、
 あいつらあんなに粋がらせて!」

水晶の狂オーガ
「ちくしょう……ナメやがってあのヤロウども!」

すっ──


0308罪と徳02暴怒
暴怒
「面白い。あのふたりが、
 ベルセルクくんにルビーアイくんですか。
 実に面白いですね……ククク」



水晶のオーガ
「てめえ暴怒、なにがおかしい……」

暴怒
「ククク。ああいうやつら、虫唾が走るんですよ。
 いいでしょう、狂オーガくん、水晶くんたち。
 この私がひとつ『策』を授けてあげましょう……ククク」


・・・・・・

万物の長ティニー
「始業式早々に喧嘩なんてまずい、
 って私言ったじゃない。それなのにあんたらときたら、もう」

鉄拳のルビーアイ
「ありゃあ喧嘩じゃない。ほんの軽い挨拶だ」

ベルセルク
「そうだな」

万物の長ティニー
「ああ~はいはい、そうですねそうですね。
 ……でもありがと、指一本でも触れたらってあたりは、
 かなりカッコよかったわよ」


ベルセルク
「……」

万物の長ティニー
「やーいやーい照れてやんの♪」

鉄拳のルビーアイ
「まったく、お前ら二人と来たらよぉ。
 まあ見ていて飽きないがな、ガハハハ」

──私はまだ知りませんでした。
  このときの「挨拶」が、後であんな、
  大変なことになるだなんて。

  私とベル、そしてルビーアイ。
  新しい春が、この日、動き出したのです。


つ づ く



…………えーと。
『暴怒と晶化皮膚』
って話をしようと思ったのですが。
それだけなのですが。
『暴怒と晶化皮膚』。
本当にただそれだけなのですが(何

「俺(ogre)物語!」いかがでしたでしょうか。
ちなみに今日3月14日はホワイトデーです(だからなんだ
はい、つづくとか書いたけど続きません(何2

管理人たまさぶろ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 2017/03/14 (Tue) 01:19
    No title

    ベルセルクは幼女ぺろぺろの英雄ナデナデ巨人です。
    こんなイケメン認めない。

    Miria #- | URL | 編集
  • 2017/03/14 (Tue) 19:29
    No title

    勤勉だなぁたまさんは
    ご褒美に仕事を増やしてあげようw

    恋した人は冴えないおじさん。
    17歳少女の片想い叙情譜――
    撲っ娘おーがたん。17歳。高校2年生。
    感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。
    その相手は、バイト先の血塗れの集落の族長。
    ちょっと歯並び悪くて、たまにチャックが開いてて、
    ハゲ頭の冴えないおじさん。
    青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、
    人生の折り返し地点にさしかかった彼の、小さな恋のものがたり。

    たまさぶろ先生渾身のスピンオフ 

    『恋は(血の)雨上がりのように』

    2017年春公開!!w

    ヒロ138 #viRVwkQw | URL | 編集
  • 2017/03/14 (Tue) 22:09
    No title

    私の知ってる暴怒と何かチガウ

    天使かと思ったら堕天使みたいだった件について

    ウルモフ #- | URL | 編集
  • 2017/03/16 (Thu) 12:24
    コメントありがとうござい

    ミステリーのせいでもういろいろ忘れかけな気もしますがw

    >Miriaさん

    えーーーーー
    んー
    ティニーとの恋が破れ(え)傷心の
    ベルセルクをいたわったのが
    ぺろぺろしたくなる幼女でした。
    これなら文句ないですかね。
    (倫理的に文句がある

    >ヒロさん

    捏造せんでくださいw
    そんなエロマンガみたいなの書けませんボク純真だもん

    >ウルモフ大親分

    あ、はい、すみません。仰せの通りです。
    たしかにウルモフさんは天使かなと思っていた
    時期もありましたけど堕天使です。間違いない。

    ↑このコメントに暴怒されそうだと思ったオチ

    たまさぶろ #- | URL | 編集
  • 2017/03/16 (Thu) 17:01

    そっかー純真かーそうかー
    そんな子がゼノビアにまぐわせるのかー
    おじちゃん知らなかったなー


    たまさん 後でお説教です 闘技場に来なさい^ ^

    リオルグ #UyDaNXrA | URL | 編集
  • 2017/03/16 (Thu) 22:46
    フフフ……師匠、ところがですね!

    低速モード突入でインすらままならんわけですよ。
    師匠のお説教を拝聴しに闘技場いきたいのに
    いやー残念だナーーーーー

    なお通常なら月末に低速モード突入のはずなのに
    今月半ばにしてもう低速モードなのは
    インフル出勤自粛中に仕事しまくってて
    あっという間に通信容量がひっ迫したことによります

    あれコレって労災って言っていんじゃね?(適用外

    たまさぶろ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。